ブルーベリーサプリメントの気になる副作用

目を酷使する作業をすることが多い人は、ブルーベリーのサプリメントが効果を発揮します。最近は、目を使う仕事に従事している人が多いことから、眼精疲労対策として、ブルーベリーサプリメントを飲む人が少なくありません。その理由はブルーベリーに含まれているアントシアニンと呼ばれる成分によるものです。アントシアニンを摂取することで、目でものをみる時に必要ロドプシンの再合成をしやすくしています。

ロドプシンは、目に入ってきた光、映像を脳に伝える役割を担っています。長時間目を使ってものを見ていると、目で見たものがぼやけたり、かすむようになりますが、これがロドプシン不足が関わっています。網膜が捉えた映像を、脳できちんとした図にするためには、ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンが役に立ちます。もともとブルーベリーは食べ物ですので、多少多くのサプリメントを飲んだとしても、そのせいで身体に悪影響が出る心配をすることはありません。ブルーベリーそのものは、古くからあるもので、長い間に渡って食用としても親しまれてきたものです。弊害が滅多に起きないことが、ブルーベリーを使う際の嬉しいところです。ただしブルーベリーには、アントシアニン以外にも目の粘膜維持を助ける作用があるビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAについては、一度にたくさんとりすぎると妊婦にはよくない影響が懸念されていますので、妊娠している人、授乳期の子どもがいる人などはサプリメントを使わないほうがいいでしょう。
HMB マッスルプレス