新卒の就職者が早期に会社を辞めてしまう理由とは

最近では大卒の新卒での就職者の3割の人が3年以内に会社を辞めると言う現実があります。3年以内の早期に転職するのは前向きにステップアップする為の転職ではないケースがほとんどです。一旦は働き始めた会社を、3年たたずに退職する人の多くは、就職活動の時点でつまづいている可能性があります。3年未満で退職せずともいい就職活動をしたい場合、新卒者が心がけるべきことは何でしょう。まずは、ネームバリューのある大手企業ばかりに目を向けた無理な就職活動はすべきでないことです。経営が安定しており、福利厚生がいいことから、有名企業や、大企業は、憧れの対象にもなりますし、倍率も高くなります。ですが、そうした企業ほど優秀な新卒の人材が集中するものであり、会社側の要求レベルも必然と高くなります。新卒で採用されたとしても、厳しい要求レベルや社内での競争についていけない事が離職理由に繋がる事が多いのです。今後の人生の中で、仕事だけに邁進するのか、他のこともしたいかも考えれば、大手企業であればいいというわけではありません。転勤の有無や、産休育休の希望、残業時間なども合わせて考えた上で、希望の業種を見極めましょう。新卒の場合、企業研究はしっかり出来ても、職種研究が不十分なのが一般的です。会社の立地や、将来的な働き方など、多角度からチェックした結果によって新卒の就職活動は方向性を決めるものでしょう。千里眼 占い 当たる